年賀状印刷のこれまでの流れ

年始の挨拶はもうメールでいい、という人がいる一方、年に一回ぐらいは手書きの手紙を書いて挨拶したいと考える人もいるでしょう。年賀状はその需要を完全に満たした存在で、疎遠になりかけた知人との仲を繋いでくれます。普段からメールで済ませている人も、その時だけ郵便局に足を運んだりしています。年賀状の書き方の種類はいくつかあり、手書きはそのままですが、自宅でプリントアウトする方法も流行りました。

プリンターにはハガキサイズの差し込み口がありますし、自分でデザインした年賀状を印刷出来るのは、プリンターの元々の役割だからです。絵を描けなかったりデザインの出来ない人でも、ネット上にはフリーの素材がたくさんアップロードされているので、そこから来年の干支を選んでデザインを選んで行き、文字を挿入すると簡単に売られている年賀状のようになります。枚数が多い場合には住所データをリストにしておいて、エクスポートとインポートを駆使して一度に年賀状印刷ソフトに入れる事も出来ます。こういった自宅での印刷も流行りましたが、もっと大々的に工場が個人から委託するサービスも登場して、かなり混沌としています。

送られる総数は次第に減って来ているとはいえ、それを逆のチャンスと捉えて目立つためにここだけは力を入れて印刷している会社や個人も多いという事なのでしょう。ネットやテクノロジーはどんどん進化しますが、この先何十年経ってもなくならない文化だと思われます。年賀状の印刷のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です