プロジェクター・PROJECTORの予算はどの程度?

価格の高いプロジェクター・PROJECTORを購入出来ればいいですが、予算がないという方々もいらっしゃることでしょう。

安いプロジェクター・PROJECTORでも、どの程度の私達の満足度を満たしてくれるのでしょうか。そのあたりの問題をしっかりチェックする必要があります。

プロジェクターと言ったら

解像度の問題は大丈夫?

やっぱり、部分価格の高いプロジェクター・PROJECTORとそうでないプロジェクターには違いが存在しているという言い方は正しいです。解像度にも、そのような違いは顕著に見ることが出来ます。

高い価格のプロジェクター・PROJECTORは、「4K画質」に対応していたりフルHD以上の解像度があります。そのようなプロジェクター・PROJECTORが欲しいというものの、あなたの予算程度の価格では、それはなかなか実現することが出来ないかもしれません。

価格の安いプロジェクター・PROJECTORは、投影画面サイズは100インチと大きいサイズでも、解像度がSVGAやXGA程度と低いため、参照可能な範囲が狭くなりがちで、ちょっと難ありと思ってしまう人たちもいるかもしれません。

会議や映画観賞を行う際、解像度重視という方々は、どうしてもある程度価格の高いプロジェクター・PROJECTORを購入する必要が出てきてしまうでしょう。

更に、価格の安いプロジェクター・PROJECTORは、フレーム補間機能がないから、動画再生時にカクカクした感じを持つという人たちも多くいるようです。

そのあたりの問題も、安い価格のプロジェクター・PROJECTORを購入したのだから我慢出来る……というのならいいのですが。

プロジェクター・PROJECTORに、フレーム補間機能がついているから、滑らかな画面を実現することが出来ます。

黒つぶれや白飛びがしやすい

更に、価格の安いプロジェクター・PROJECTORを購入すれば、黒つぶれや白飛びがしやすいというデメリット要素があります。

プロジェクター・PROJECTORのコントラスト比を意識すれば、大きいほど会議の資料、映画を鑑賞している時の背景&人物の細かい描写をすることが出来ます。安いプロジェクター・PROJECTORでは、黒つぶれや白飛びしやすい映像になりやすいです。

コントラスト比が10,000対1以下……というのでは、そのあたりの問題もなかなか期待値は低くなってしまうでしょう。

みなさんも、そのあたりの問題についてよく考えて、それでも安いプロジェクター・PROJECTORでいいのか検討してみましょう。