プロジェクター・PROJECTORでホームプロジェクター

まだプロジェクター・PROJECTORについて疑問を持っているから購入に至らないという方々がいるのかもしれないですよね。

そろそろ、自宅にいながら、映画館のような臨場感が味わえる「ホームプロジェクター」を夢見ている人たちもいるのではないでしょうか。

その夢の実現は、それ程遠い問題ではないはずです。

プロジェクターレンタルはAZA

ホームプロジェクター

「ホームプロジェクター」を実現したい……。そんな夢ならそれ程無理しないでも実現出来るのではないでしょうか。

それはみなさんの極々ささやかな贅沢では……。

現在、様々な企業が、プロジェクター市場に参入して、性能も充実したものが登場して、更にリーズナブル価格のものも登場するようになりました。

そろそろ購入してもいい頃なのかもしれません。

でも、プロジェクター・PROJECTORって、映像を一体どこに投影していいか悩んでいる人たちもきっといることでしょう。

プロジェクターの投影距離って何?

私達がプロジェクター・PROJECTORを購入するにあって注意しなければならないのは、プロジェクターの投影距離について考えることです。

プロジェクター・PROJECTORを購入するとき、実際に投影距離について問われることになりますが、投影距離が何か正しく把握出来ていないことがあります。 「投影距離」というものは、そのプロジェクター・PROJECTORの性能や機能、映し出すスクリーンや壁の大きさによって違いが出てきます。

例えば、エプソンのホームプロジェクター「EH-TW8300」に対して、アスペクト比16:9、スクリーン100インチ(横約221cm×縦約125cm)では、投影距離の最短は300cm、最長は630cmとされています。

プロジェクター・PROJECTORに対して、スクリーン、壁に100インチを想定すれば、距離は、300~630cmというのがベスト距離ということになります。

プロジェクター・PROJECTORというものは、このようにしてプロジェクター・PROJECTOR自体のことだけでなく、スクリーンや壁からどの位の距離かということもしっかり考えて購入しなければなりません。

スクリーンは使わずに、自宅の壁で代用できる?

プロジェクター・PROJECTORには、スクリーンに対してのちょっとした難しさもあるかもしれません。実際に、スクリーンを上手く設置出来ないから、壁でも大丈夫?と思っている人たちもいるかもしれないですよね。

スクリーン設置もなかなか大変と思っている人たちもいるでしょう。実際にそれは可能ですが、壁のカラーが単色・白色であることなど注意して投影するようにしてください。なるべく大きい平面で、壁の素材は凹凸のない滑らか素材であることも大事なポイントです。